FC2ブログ

中級者.2-7 ルリグデッキの見直し

フレアです。

WIXOSS の中級者向け、解説、攻略ページです。
とりあえずいったん盾については〆たいと思います。

ルリグデッキの見直し、という観点には次の 2 つの面があります。

1.ルリグカードの見直し
2.アーツやレゾナの見直し


1. のルリグカードの見直しについて。
Lv.0 はファンカードという面も持っていたりするので省略して、Lv.1、Lv2、Lv3 程度であれば、デッキ全体へはそれほど大きな影響を与えません。

例外としてはタマ、遊月、ピルルク辺りが上げられます。
遊月やピルルクは 2 色持っていたりするので多少は影響が出てきますし、タマの Lv3 も採用するカードによってデッキの性格が変わってきます。
他にはエクシードコストとして使用された場合に効果を発動する Lv3 カードを採用するかどうか位でしょうか。

一方で、Lv4 や Lv5 といった最終ルリグのカードは、デッキコンセプトの大半を現しています。
最終ルリグを見直す場合は、コンセプトそのものの見直しが必要になるのがほとんどなので、見直し範囲はメインデッキにも及びます。
その場合は、1 からデッキを作り直したほうが早いときもあったりします。

このように、ルリグカードの見直しは、影響がそれほど無いか、極大な影響を当たえるといった、極端なふり幅に分けられます。


2.アーツやレゾナの見直しについて
というわけで、ルリグデッキの見直しと言われて直ぐ頭に思い浮かぶのはアーツまたはレゾナの見直しです。
その中でもレゾナを採用するデッキは限られてくるので、ここではアーツの見直しについて記載します。

アーツを見直すポイントとしては次の点を考慮すると良いと思います

(1)アーツのエナコストバランスはどうなっているか?
(2)前回記載した基本的な防御手段に偏りは無いか?
(3)そのバトルで余ったアーツがあるか

あまり多くしすぎても焦点がぶれるので、3 つくらいに絞るのが調度良い具合に収まります。
(1) と (2) は採用しているアーツを見れば良いので、客観的に見ることが出来ます。

(1) のエナコストは、
初めてのアーツであるバロックディフェンスを基準とすると、

2 エナ ≒ 1LC

と言えます。

初めのアタックで 2 枚 LC をクラッシュされたとして、残りのライフクロスは 5 枚。
これをアーツで守っていくとなると、

5LC x 2 エナ ≒ 10 エナ

くらいがアーツの総必要エナ数の最低ラインということが分かります。

さすがに複数効果を持つアーツが氾濫している今、アーツで必要になる総エナ数が 10 以下というデッキは少ないと思いますが、もし 10 に満たないのであればそれは少し防御が薄いと言えるでしょう。

一方で、Lv4 までグロウするとしてアーツ 5 枚が基本とすると、5 枚のアーツで 5LC 分を守るのも、少し心もとないです。単純に 1 アーツで 1LC 分しか守れないのであれば、このターンはどうしても 2 体のシグニのアタックを止めたい、となったときに 2 枚アーツを使用する必要が出てきます。
そうすると 1 ターン分早くアーツを使用することになってしまうので、これはこれで死期を早めてしまいます。

そう考えると、アーツにかけるコストは 2.x ~ 3.x 程度と捉え、総エナコストは (10) 12 ~ 14 (多くても 16 くらい) が妥当であると考えています。
必要エナ数が、1 ~ 4 のアーツを 1 枚ずつ入れて 10 エナです。
そう考えてみると、14 エナというのは、残り 1 アーツに 4 エナ前後割り振れるという目論見です。

また、総コストだけに捉われるのも危険です。
出来る限りアーツのコストは分散しておいたほうが安全度が高まります。
5 枚のアーツ全てが 3 エナ必要だとしたら、3 エナ無いと相手の攻撃が素通りしてしまいます。
逆に 3 エナあったとしても、使えるアーツは 5 枚のうちの 1 枚だけなので、バランスが良いとは言えません。
必要なコストが 1、2、3、4 のアーツをそれぞれ 1 枚ずつ入れるのがバランスが良いとは言い切れませんが、できる限りアーツコストは "メリハリ" をつけることが重要です。

特に、2 エナ以下で使用できるアーツを最低でも 1 枚は入れておきましょう。
2 エナあれば、何とか 1 点を守ってくれたりします。
また、2 エナ以下の軽いアーツは、自分が Lv4 になるまでの相手からの "先制攻撃" を防ぐ、と言う意味でも重要な位置を占めます。

次に (2) の防御手段の偏りについてです。
(1) のエナコストバランスを踏まえたうえで、除去アーツ、アタックさせない系アーツ、場にシグニを出すアーツという基本 3 種を、自分がいる環境に合わせて、バランスよく採用しましょう。

アークゲインがいるのであれば、場に出す系アーツは必須ですし、セイリュ・ソウリュ緑子がいるのであれば、単純なバニッシュ若しくはアタックさせない系のアーツが必要になります。

重要なことは、基本 3 種のうちの何かのアーツを入れておかなかったがために、相手に対抗できず負けてしまった、ということを避けることです。

また採用するアーツはメインデッキが担う攻撃面を考慮する必要があります。
黒を使っているのであれば、シグニはパワーマイナスが得意なので、そこを補う単純バニッシュのアーツを使うと良いと思います。
ランサーやアサシンを主体としているのであれば、除去系アーツを少なくして、相手にリソースを与えることをなるべく抑えるようにすると良いと思います。

メインデッキが行う攻撃方法を加味して、そこを補うような形のアーツを採用するとバランスが良くなります。
基本 3 種のアーツを最低 1 種類ずつ採用することがバランスが良い訳ではありません。
ここは注意してください。
あくまでも貴方がいる環境においてバランスが良いと思われるアーツの種類を選択してください。

最後に、(3) のアーツが余ったかどうか、逆に言うと毎回のバトルで、勝敗は別として、アーツをきちんと使いきれているかどうか、ということもポイントになります。

とにかく一番やってはいけないことは、『エナも十分にある、アーツも残っている』、でも抵抗できずに負けた、です。
このようなことが起こる要因は複数の事象が複雑に絡み合って起こるものなので、一概に、これが原因、と断定することは難しいものです。
ですが、大体は先にあげた (1)、(2) のどちらかまたは両方にその原因がある、ということがほとんどです。

エナが無くアーツが残っているのであれば、エナコストバランスに問題がありますし、エナがあってアーツが残っているのであれば、採用アーツの種類に問題があります。
エナが足りないためにアーツを使用しきれなかったのであれば、1 枚あたりのアーツのエナコストが多めであることが主な原因です。エナが余っていてアーツが枯れてしまっているのであれば、アーツの効果が軽いものを多めに積んでいると思われます。

(3) の状態で負けてしまったときは、(1)、(2) の見直しを再度行ってみてください。

そして、次のことが (3) を考える上で大事なことなのですが、

1 戦の結果だけで右往左往しない

ということです。

1 度戦っただけで、アーツが上手く使用し切れなかったといって、そのアーツ構成が悪い、とも言い切れません。同じデッキと何回かバトルしてみる、または別の種類のルリグとも複数回バトルしてみる。
10 戦、20 戦と行う必要はありませんが、ある程度の数 (データ) を揃えてから、アーツの見直しをすることを、強くオススメします。


と言うわけで、アーツ構成に悩んでいたり、迷っている方は、自分の環境に合わせた

アーツコスト、アーツの種類、戦績結果をデータとして残す (紙に記録する)、

ということを意識してカイゼンしてもらえればと思います。
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する