【まったく】繭の部屋、模様替え【違った】

こんにちは、フレアです。

繭の部屋の更新内容が先日発表されましたね。
直前予想という名の妄想とはまったく違ったものでした。

修復の禁止、DYNAMITE とバーストラッシュの同時使用制限はいわゆる止めエルドラに対する規制ですね。
エルドラ側が一人で回し続けて相手に何もさせずに勝つという、コミュニケーションとしてのゲームを否定する形を嫌ったんでしょうね。
それで割を食ったのが植物緑子ですが、最強の盾である毎ターン修復で LC 回復を咎められた形ですね。

イカを残したことからも、理不尽で一方的な負けや、理論上無限に回復できると言ってもいいような型を今後も規制していくんでしょうね。
CL の使用禁止もおそらくはそういう方針の下での決断と思われます。

そして APEX と MPP と CRYSTAL・SEAL の同時使用制限。
結局イカには手をつけない形での APEX への対応がなされたのですが、APEX 的にはこちらのほうが辛いのかな。
MPP がいないとヘルボロスも使いづらくなるので、今度出るグズ子含めて、トラッシュ参照デッキには追い風になりそうです。
逆にそれを受けて、ウムルや繭あたりでヘルボロスのより積極的な採用が増えるかもしれないですね。
イカは現在高騰していますが、エルドラ&あーやのダブルデッキで再録されるのではという見方がほとんどで、SR・シクともに手に入れづらくなっている現状を打破したいという意図があるんでしょうね。
新規ユーザの入りやすさというのは、この再録 (予想) で補う方針なんでしょうね。

今後の環境がどうなるかはワカリマセンが、WP で仲良くなった人と飲んでいたら、APEX は環境 Top からは落ちるだろうけどまだまだ上位にはいる。
植物はこのままだと厳しいので、修復に代わる新たな調整版の回復スペルが出るのではないか、または、緑子は獣軸 (今後は空獣も選択に入る?) を主軸にしてねということなのかなという予想がありました。

そこで次の環境は、手付かずであるアロス・ピルルクが先陣を切り、そこをウリス、ミュウ、グズ子といった黒がどう押さえ込むかという流れになりそうな予感です。
アロス相手にメインデッキでシグニをどかすルリグ (主に白が多い) は、アロスの起動効果で 0 エナ 0 アーツで複数の面を守られてしまいます。
イカが生き残ったので、やっぱりイカをサポートとして採用するのが手っ取り早そうです。
ただ、ここはなんでもかんでも 『イカでいいじゃん』 という思考停止は危険だと思っています。
ここに創意工夫を加えられるかどうかで、結果も違ってくるはずです。

ある程度長い間君臨していた APEX と植物という環境にはユーザ側からも辟易している感も見受けられたので、18 弾と繭の部屋で、新たな風が吹くことを個人的にも期待しています。

とりあえず、新作アニメの製作も正式発表されましたし、2017 も WIXOSS が熱いのは間違いなさそうです。

P.S.
サシェ、ミュウ、アイヤイの Lv4 ルリグを含む専用ブースター、Stirred Pack 出ないかなぁ~
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する